遺留分請求に関するご相談は柏原語六法律事務所(東京都/港区)。

03-3501-2050

月~金 9:00~18:00

※事前予約で土日祝も ご相談に応じます。

お問い合わせ

遺留分請求

柏原語六法律事務所(東京都/港区)では遺留分請求に関するお悩みに対応しております。

遺留分請求

遺留分(いりゅうぶん)とは、被相続人の兄弟姉妹以外の相続人に対して留保された相続財産の割合をいいます。被相続人の兄弟姉妹以外の相続人には相続開始とともに相続財産の一定割合を取得しうるという権利(遺留分権)が認められます。また、代襲相続人にもこの遺留分権は認められます。遺留分権を有するこれらの者を遺留分権利者といいます。
遺言書の存在が明らかになってもこの遺留分権利者はその権利を主張することが出来ます。
基本的には、亡くなった人の意思を尊重するため、遺言書の内容は優先されるべきものです。
けれども例えば「自分が死んだら、愛人に全財産をあげる」という遺言書を作られたとしましょう。そうなると、残された家族はとても納得出来るものではないでしょう。
このような状況も想定し、民法では最低限相続できる財産を、遺留分として保証しているのです。遺留分が保証されている相続人は、配偶者、子供、父母です。法定相続人の第3順位である被相続人の兄弟は、この遺留分を保証されていません。
 また、侵害された遺留分を確保するためには、遺言書により財産を相続した人に、「遺留分減殺請求」をする必要があります。この「遺留分減殺請求」の権利は、相続開始、および自分の遺留分が侵害されていることを知った日から1年、あるいはそれを知らなくても相続開始の日から10年を過ぎると、時効で消滅するので注意が必要です。遺留分として請求できるのは、配偶者や子供が法定相続人にいる場合は相続財産の2分の1、法定相続人が親だけの場合は、相続財産の3分の1になります。

柏原語六法律事務所でよくお受けする事例に関する基礎知識

  • 不当解雇

    不当解雇
    以下のような場合は、当事務所にご相談下さい。 解雇・退職 退職勧奨・退職強要 雇止め...
  • 過失相殺

    過失相殺
    交通事故におけるお互いの過失(不注意)の度合いを割合で表したものを「過失相殺」といい...
  • 遺言書の作成

    遺言書の作成
    残された家族の無用な相続トラブルを回避するために、遺言書の作成は有効だといえます。但...
  • 特別受益とは

    特別受益とは
    共同相続人の中に、被相続人から生前に遺贈を受けたり、贈与を受けたりした者がいる場合生...
  • セクハラ・モラハラ

    セクハラ・モラハラ
    以下のような場合は、当事務所にご相談下さい。 セクシャルハラスメント パワーハラスメ...
  • 相続放棄

    相続放棄
    相続が発生した場合、相続人が引き継ぐのはプラスの財産だけではありません。マイナスの財...
  • 離婚協議書

    離婚協議書
    離婚協議書は協議離婚をする場合の保険です!
  • 借金問題

    借金問題
    借金の問題は、何らかの解決策が必ずあります。 「ひとりで抱え込んでいてもどうしようも...
  • 保険会社が提示する示談金の内容

    保険会社が提示する示談金の内容
    保険会社が被害者に対して提示する示談金(保険会社基準)は、裁判で認められる賠償金(...

柏原語六法律事務所に寄せられる「遺留分請求」関連の法律トラブル・ご相談事例

遺留分請求に関するお悩みに対応しております。|柏原語六法律事務所(東京都/港区)
遺留分請求のご相談はお任せください。|柏原語六法律事務所(東京都/港区)