保険会社が提示する示談金の内容に関するご相談は柏原語六法律事務所(東京都/港区)。

03-3501-2050

月~金 9:00~18:00

※事前予約で土日祝も ご相談に応じます。

お問い合わせ

保険会社が提示する示談金の内容

柏原語六法律事務所(東京都/港区)では保険会社が提示する示談金の内容に関するお悩みに対応しております。

保険会社が提示する示談金の内容


後遺障害部分の基礎となる慰謝料や労働能力喪失率などは、等級に応じて定められており、症状は同じでも、等級が適正に評価されるかされないかで、大きく損害賠償請求額が変わってきます。
後遺症の等級は損害賠償請求の基礎となりますので、適正な賠償を受けるためには、適正な等級認定を受ける必要があるのです。
後遺症には目に見えやすい後遺症と目に見えにくい分かりにくい後遺症があります。
目に見えやすい後遺症としては、たとえば、関節を動かせる範囲が限られてしまったり、傷跡が残ったり、といった例を挙げることが出来ます。認定基準が数値化されており、客観的にとらえることが可能です。
一方、目に見えにくい後遺症に、いわゆるむちうちがあります。
むちうち(頚椎捻挫、外傷性頚部症候群など)で首の痛みと腕のしびれが残った場合、その痛みやしびれやは目に見えず、数値に表すことも困難です。
このように、目に見えにくい後遺症は、とその症状を客観的にとらえることが困難なため、数値化、可視化が困難とも言われている症状です。
しかし、むちうちであっても、その症状・治療状況などで、的確な診断を受け、的確な認定を受けることが可能です。場合によっては、後遺症の等級が変わり賠償額も大きく増額されることもございます。
また、早めにご相談頂くことで、的確な認定を受けるためのアドバイスをさせて頂けます。症状固定前でも是非早目に当事務所にご相談下さい。
◆症状固定とは
治療を続けても大幅な改善が見込めず、長いスパンでみると回復・憎悪がなくなった段階を、医学的な意味の「症状固定」と言います。
医学的には大幅な改善が見込めないのであれば、いたずらにいつまでも治療費を加害者側に負担させるのではなく、治療期間は終了とし、残存した症状については「後遺障害」として損害賠償の対象とし、問題を早期に解決しましょうという、損害賠償上の都合によるしくみでもあります。

医師から症状固定の診断を受ける前は、実務上「傷害部分」と呼ばれています。「傷害部分」として、治療費や休業損害、入通院慰謝料などが請求できます。

柏原語六法律事務所でよくお受けする事例に関する基礎知識

  • 交通事故における保険会社への示談請求

    交通事故における保険会社への示談請求
    交通事故における保険会社が提示する示談内容に不満がある、適正な示談内容が判断出来ない...
  • 特別受益とは

    特別受益とは
    共同相続人の中に、被相続人から生前に遺贈を受けたり、贈与を受けたりした者がいる場合生...
  • 浮気・DV

    浮気・DV
    当事務所は、探偵事務所、不動産会社、税理士事務所などの各種専門家との間にネットワーク...
  • 慰謝料・財産分与

    慰謝料・財産分与
    慰謝料、財産分与は当事者間の話し合いではまとまりにくいものです。感情的になりがちな問...
  • 成年後見制度

    成年後見制度
    認知症や知的障害により判断能力の十分ではない方は、ご自身で、預貯金や不動産の管理をし...
  • 離婚協議書

    離婚協議書
    離婚協議書は協議離婚をする場合の保険です!
  • 離婚の種類

    離婚の種類
    離婚には4つの種類があります。離婚の種類によって、必要となる金額も期間もまったく異な...
  • 相続放棄

    相続放棄
    相続が発生した場合、相続人が引き継ぐのはプラスの財産だけではありません。マイナスの財...
  • 遺留分請求

    遺留分請求
    遺留分(いりゅうぶん)とは、被相続人の兄弟姉妹以外の相続人に対して留保された相続財産...

柏原語六法律事務所に寄せられる「保険会社が提示する示談金の内容」関連の法律トラブル・ご相談事例

保険会社が提示する示談金の内容に関するお悩みに対応しております。|柏原語六法律事務所(東京都/港区)
保険会社が提示する示談金の内容のご相談はお任せください。|柏原語六法律事務所(東京都/港区)